SUNNY PLACE

世の中の注目にオリジナルなコンテンツを

逃げられないトランプ氏の米軍基地負担論

何をいっとるおっさんは?!在日韓米軍の駐留費用をそれぞれ日本と韓国に負担させなければ撤退させるとおっしゃる。米国の大統領が決まる話の中で、極東の費用負担のことが言及されるの非常に興味深い。また、数千億の米軍駐留費用を日本や韓国が負担するだけの蓋然性はあるんだろうか、これまた非常に興味深い議論である。

一応、日米同盟のもと、米軍が日本に駐留し東アジアの安全に寄与することが両国のメリットにつながることになっているらしい。さらに、日本は条約になんの裏付けもない費用に関して「おもいやり」の心で費用を支払っているのである。現状、アメリカも費用を支払っていることを考えると、まあ、それぞれ費用リスクを取り合って両国にメリットがあることになってるんだろう。というふうに歴史を理解するしかない。トランプ氏の主張を正とすれば、在日米軍の存在は日本のみにメリットがある事案であり、アメリカのメリット・費用負担の蓋然性そのものを否定している。感覚的にこれは非常に乱暴な理屈に思える。

しかしながら、日本の国際的な立場からすると、北朝鮮や中国の対応上、核を保有する在日米軍の存在を日本が欲している度合いが大きいとすれば、トランプ氏の主張は計算高い武器商人に代わる。実際問題、日本の政治家が大統領となったトランプ氏に費用負担を迫られれば、断れないだろう。なので、まるまるその費用は、日米の力関係と東アジアの緊張という力学の中で、日本が費用負担することとなる可能性は高い。何も、アメリカのメリットにかかわらず、日本が拒否できない前提がある限りこの交渉は成功してしまう。正式にトランプ氏がタカッてきたら、時の総理大臣がまた理由を考えて、受け入れる判断をする、野党が反発する、説明が不十分とか世論調査が述べる。といっても何も変えられない。総辞職で落とし前をつける・・・野党が選挙で勝てるわけでもなく、勝ったとしても何も変えられず・・・ああショボい将来。

在日米軍の存在がアメリカ側にもメリットがあるが、その上で日本のみが費用負担させられるとすれば、日本人は損をしていることになる。適正に受益者に費用が案分されないことにかかわる損である。では、なぜそうなってしまわざるを得ないのか?これを歴史的に紐解くとかなり壮大である。日米安保の締結、それのトリガーとなる太平洋戦争での敗戦、さらに、太平洋戦争を開戦させられることとなった欧米の植民地拡大、幕末に開国させられた歴史、江戸時代初期に鎖国してしまった当時の国政・・・遡ると、かなり昔の歴史の出来事の集大成によりトランプ氏のタカりの根源があるのかもしれない。そうなると、たかが数年の友愛交渉だけで米国や中国とのパワーバランスを改善させるのは難しくても無理がないことなんかもしれない。