SUNNY PLACE

世の中の注目にオリジナルなコンテンツを

20年来のコンタクトからメガネに戻ってきて

20年ぶりにコンタクトからメガネに戻り、ほぼ10年ほどぶりにメガネを3週間かけ続ける生活を久々に送ってます。結果、もうコンタクトには戻れないほどに、便利さと気楽さを感じています。コンタクトのコンディションが年々悪くなっていたこと、比較的視野の広いメガネフレームを買ったことがよかったのかもしれません。そろそろコンタクト辛いかなと悩んでいる方へ、あるあるをメモ貼っておきます。

 

★20年来のコンタクトからメガネに戻ってきて、あるある(ポジティブ)
・ドライアイと無縁。PC使いまくる職場でドライアイ+コンタクトに悩んでらっしゃる同僚への同情とちっぽけな優越感。
・コンタクトレンズの日々の手入れから解放、コンタクト用品の定期調達からも解放
・泊まりの時も準備にもひと手間省ける。
・寝る前・起きた後の機動力が最強。
・コンタクト特有の不快感から解放、風が吹いてきても砂埃が舞っていても余裕。
・昼休みに居眠り(快眠)できるようになった。
・ひとのメガネが気になるようになる。


★20年来のコンタクトからメガネに戻ってきて、あるある(ネガティブ)
・視野は歪む。直線のものがアーチ形に見える違和感、スマホや単行本の下側が、尻すぼみにたわむ違和感。(近視-3D/乱視-1D程度の印象)
・鼻のあたりにかなりの脂があることへの気づき。
・傘をさすまでもない小雨が一番の強敵、ティッシュペーパーは常備。
・ランニングの趣味はたぶんないだろうな。
・サングラスが使えない、これ結構問題。度入りサングラスだと運転してトンネル入っちゃうと困るだろうな。
 

実際のところ、みな視力や度も違うわけですし、感じ方は人それぞれだと思います。メガネにしても必ずしも満足度は高くないかもしれません。学生時代にメガネを毛嫌いしてコンタクトを使い続け、日々のコンタクト特有の煩わしさに慣れきっていたのですが、メガネを主流にしなかった昔と比べて体調やメガネを取り巻く環境も変わっている様に思います。同じような境遇ならチャレンジされてもいいのでは。